住宅を売るなら不動産に依頼する〜賢く利用し隊〜

不動産

神戸で探す

不動産

神戸と一言で言っても非常に広いためまずはどのあたりに住みたいのか情報を収集する必要があります。おしゃれな街として知られている街には内部、そして海側、さらには山側と大きく分けて3つの場所があり、それぞれが人気を集めています。

Read More...

気になる中古物件

不動産

不動産物件の中でも人気のある物件は中古物件です。新築戸建てなどを建てるよりも中古物件を安く買ってリフォームを行なう事も可能となっています。なので、安く住宅の購入を考えるのであれば中古物件の購入を検討してみましょう。

Read More...

物件の購入前

不動産

八潮市は近くにショッピングモールなどがあり、人口も増えています。八潮市の地価は横ばいか下落気味ですので、不動産を購入したいという人もいますが、不動産を購入する場合はその後の資金計画もしっかりと立てる必要があります。

Read More...

不動産売却の注意点

土地や住宅、マンションを売るなら不動産会社選びが大切です。交渉力が高く、より高額での売却をお手伝いするのがこちらです。

不動産

不動産売却をするときには、高く売るためにしなければいけない事や、注意しなればいけない事があるので説明したいと思います。不動産売却をするときにしておかなければいけないことは、その不動産の売却理由をはっきりとさせておくことです。緊急にお金が必要になったり、転勤が決まり来月には引っ越さなければいけないなどという理由での早期に売りたいという売却と、新居を購入するので来年までには売却したいなどという時間に余裕のある売却では、売却における計画の建て方も全く違ってくるからです。できるだけ早く売却したいのに、時間に余裕が有るような売り方をして、売れないまま期限が迫り、価格を大幅に下げての売却となって、大きな損をしてしまうということもあります。

不動産を売る際における、こういった間違いをしないためにも正しい売却戦力が重要になります。まず、どういう理由で不動産売却をしたいのかをはっきりさせてうえで、気をつけてほしいのが、その売却をする理由を他人に言わないということです。先ほど説明した不動産売却の理由は、そのまま売却戦略に繋がります。できるだけ早く不動産売却をしなければいけないことが交渉相手に悟られてしまうと、足元を見られてしまい、価格交渉で不利になってしまいます。不動産売却に対してあまり急いでいないという相手と、お金が必要で少しでも早くその不動産を売却したいと思っている相手では、後者のほうが交渉において不利になることは明白です。ですから、不動産売却の交渉のときに、その不動産の売却理由を聞かれたとしても、無難な返答にとどめておくようにしてください。